医療法人社団 秋桜 丸川病院看護部

MENU
医療法人社団 秋桜 丸川病院 看護部

看護部について

看護部理念

私たちは、専門職として思いやりのある誠実な看護の提供に努めます。

看護部基本方針

  1. 患者様の権利を尊重し、心のこもった看護の提供に努めます。
  2. 安全で質の高い看護実践に努めます。
  3. 専門性を高め、自己研鑽と人材育成に努めます。
  4. 病院の健全経営に積極的に参画します。
  5. 地域及び医療者間の連携を密にした看護実践に努めます。

看護提供体制

当院は、「継続受け持ち制」を取り入れています。
これは、受け持ちの看護師が入院から退院まで責任をもって看護させていただくことです。
受け持ち看護師が不在の時は、同じチームの看護師が看護計画に沿って実践いたします。

看護部長あいさつ

 看護部門の理念は、「その人らしく生きる」の法人理念に基づき 「誠実で思いやりのある看護」を提供することです。

 自院の特徴は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が行う365日体制の個別機能訓練に加えて、意識障害・寝たきり(廃用症候群)への生活行動回復看護技術(NICD)を実践している点です。医師をはじめ職員全員がこの考え方を取り入れ、患者の生活を取り戻す垣根のないチーム医療を実践しています。

 看護職者が安心して働き続けられるように「ワークワイフバランス」の実現を目指し、NICDを基盤に一人ひとりの職員がその力を発揮し、「その人らしく生きる」を引き出す看護に取り組み、魅力ある組織づくりをしていきます。

看護部長 丸川 陽子

看護部長 丸川 陽子

看護師長ごあいさつ

 当院は「その人らしく生きる」を理念として、目の前にいる患者さんにとっての「その人らしさ」を追求できるよう、他の職種と連携を取りながら看護を実践しています。脳の病気などによって、自分で食べることができない、一人でトイレに行くことができない、言葉が話せないなど、生活行動にさまざまな後遺症を持っている患者さんもいます。そのような方には、NICDの技術を駆使し、一つひとつの生活障害を改善して「その人らしく生きる」ことができるよう、諦めることなく支援を行っています。患者さんの笑顔からパワーをいただき、それをエネルギーに換えて日々の看護を実践しています。

看護師長 水澤 弘代

看護師長 水澤 弘代